WEB限定記事

野球部・加藤が日本代表に選出~日米大学野球選手権大会

 全日本大学野球連盟は25日、7月4日から行われる日米大学野球選手権の日本代表22名を発表し、慶大からは加藤幹典投手(環4)が選出された。日本代表は28日に集合し、現地時間7月4日から米国代表と5試合戦う。

 なお、候補合宿に参加していた佐藤翔外野手(環4)は落選した。

 東京六大学野球連盟に所属する選手の中では、加藤投手の他に、斎藤佑樹投手、細山田武史捕手、上本博紀内野手、田中幸長外野手、松本啓二朗外野手(以上早大)、和泉将太内野手(法大)が選出されている。

関連記事

  1. 【サッカー】10年ぶり2部リーグに降格
  2. 《MITASAI REPORT-2020》4組のバンドが個性的な…
  3. 各大学戦力分析 ~慶大優位も混戦か
  4. 福島を経て 原発再稼働 地元同意とは何か
  5. 【バスケ】早慶戦 早大に勝ち越しならず ベスト16でリーグ戦敗退…
  6. 【サッカー】降格圏内で終盤戦へ 関東大学サッカーリーグ
  7. 体育会水泳部葉山部門 その歴史は100年 海上での自分自身との闘…
  8. 【バスケ】関東リーグ戦 新体制で挑むも出遅れか
PAGE TOP