箱根路に三色旗はためくか

門出さん学連選抜選出、復路に期待

 

本番に向けて調整する門出さん

「手の届かないものが、やっと届くところまで来た」

来る1月2、3日に、箱根駅伝で躍動する塾生を見ることができるかもしれない。競走部の門出康孝さん(理3)が関東学連選抜に選出された。一時期、慶大は箱根駅伝常連校として名を馳せていたが、近年では、箱根路を走る塾生の姿は目にしない。

「関東学連選抜に選ばれるのは今年の目標だった」と話す門出さん。中学、高校時代の成績は県大会出場にとどまる程度。そうした中で箱根駅伝出場が現実味を帯びたのが大学2年生の時だ。

当時出場した予選会で、「慶應のチーム内でトップになれば学連選抜選出が狙える」と本人の中で大きな自信がついた。

しかし、関東学連選抜に選ばれるまですべてが順風満帆ではなかった。

例年よりも回数を増やした夏合宿のあと、足の甲を疲労骨折。他のメンバーとは別メニューとなり、走ることのできない日が続いた。

そうした中でも「バイクをこいだり、筋トレをしたりして、体力を落とさない工夫」をすることができた。挫折しても折れない心、門出さんは長距離ランナーに一番必要なメンタリティを持ち合わせている。

だが、まだ安心はできない。今回関東学連選抜に選ばれた16人のうち、本選で走れるのは10人。周りにいるのは各大学の実力者で、彼らとの戦いを制す必要がある。本選出場に向けて重要視されていた記録会(1万㍍)では自己ベストを記録したが、16人中13位。「力の差は感じた」

それでも、門出さんは下り坂での走りに自信を持つ。箱根駅伝でいえば6区。「その区間を走ることになれば、チームに貢献できると思う」と、意識は本選に向いていた。

慶大はチームとして出場できないため、部の期待、そして塾生の期待を一身に背負って走ることになる。「もし走れることになったら、今まで応援してくれた人、支えてくれた人への感謝の気持ちを持って走りたい。そして、その経験をチームに還元したい」と話す。

選抜チーム内での競争に勝ち、新年から躍動する塾生の姿を見せてほしい。