福谷投手、ドラ1中日へ

会見で笑顔を見せる福谷投手

野球部・福谷浩司投手(理4)が先月25日、中日ドラゴンズからドラフト1巡目で指名され、日吉キャンパス来往舎で江藤省三監督とともに記者会見を行った。 福谷は地元の球団からの指名に顔をほころばせた。「中日ドラゴンズはいいピッチャーが多い印象。一筋縄ではいかないと思う。(目標にしたい投手は)同じ知多市出身の(中日の)浅尾投手。

 

(プロでの目標は)数字は気にせず一試合一試合を大事に戦っていきたい」 また、江藤監督は「私がプロ出身ということもあり、なんとかサポートしたいと思っていた。中日のような競争の激しいところに入ったほうが彼のためになる」と教え子の晴れ舞台を祝福した。 福谷投手は後日、本紙の取材に応じ、「1年ずつの積み重ねが大事。来年が勝負だという気持ちでやってほしい」と後輩にメッセージを残した。