報道

桜スポーツフェスタ開催 地域住民と交流

ソフトテニス体験教室

慶應義塾体育会は先月1日、第5回桜スポーツフェスタを慶應義塾下田グラウンド、学生寮で開催した。中心となったのは下田地域を主な練習拠点とする5部(野球部、蹴球部、ホッケー部、ソッカー部、ソフトテニス部)。地域住民への感謝、また各部の交流がコンセプトになっているという。

当日は各部が、それぞれの競技の体験教室を開催するなどの地域住民との交流イベントを開いたほか、メインステージでは地域の子どもたちがダンスを披露した。 予定されていた3月30日は悪天候で延期になったものの、1日は天気に恵まれた。快晴の中各部の塾生と地域住民との交流が随所で見られ、非常ににぎわった。

関連記事

  1. 日本社会学会大会が開催 
  2. 三田祭実行委員会 前夜祭にて約2300万円の損失を計上 出演アー…
  3. 「1‌0‌0‌歳時代」のライフプラン 産経新聞社主催シンポジウム…
  4. 三田学生部に聞く 秋学期授業
  5. 公開講座「アジアの諸文化とジェンダー」 文化の「性差」を考える
  6. 中世ウェールズ 3つのオリエント観
  7. 教員37人 慶大を去る 定年退職者、発表される
  8. 第21回ORF SFCの力を社会に
PAGE TOP