【三田祭速報】三田祭で普段はできないおしゃれを!

500円とは思えない仕上がり
500円とは思えない仕上がり
 院校舎5階の353C教室に、ひときわ女性が集まるブースがあった。マノ学園が出展するNail art Salonだ。この団体は、慶大生の他、ネイルの専門学校の生徒など9名で構成されている。普段はそれぞれがネイルを学んでいるが、学園祭のシーズンになると色々な大学で学生や来場者にネイルを施している。
 50種類ものサンプルから選んだアートを、20―30分を目安に仕上げてくれる。一色塗りなら500円、アートを入れると1本につき200円を追加するという、学生でも足を運びやすい価格に設定してある。そのため、休日である三田祭最終日には100人ほどが来店した。そのほとんどが女子学生で、普段はできないおしゃれを楽しんだ。
 この団体は以前から明大などで出店していたが、代表の堀田明子さん(通信文3)と一緒に授業を受けていた友人がマノ学園の校長で、「是非母校でも出店したい」と堀田さんに相談し、今回の出店が実現した。
 ブースでは和やかな雰囲気が流れ、ネイルに関する様々なアドバイスや、どんなネイルがいいかの相談がされていた。
 人の多い三田祭に疲れたあなたも、未来のネイリストたちのネイルアートで気分を変えてみたらいかがだろうか。
(篠田弓佳)



『Nail art Salon@院校舎353C教室』