WEB限定記事

【三田祭速報】学園祭でバー? cocktail club GROW

シェイク姿がきまっている

シェイク姿がきまっている

西校舎2階廊下に立ち寄ると、テーブルの上に並んだ大量の瓶がほの暗い明りに照らされた、落ち着いた雰囲気を醸し出した教室が手前に見える。523B教室。Cocktail club GROWが運営する学生バーである。
代表の松井渓さん(薬2)にお話を伺ったところ、同サークルは今年で創部9年を迎える、三田祭でバーを出店するのが目的のサークルだそうだ。基本的には週に1回、三田祭直前になると週に3回活動している。普段の活動は、シェイクをはじめカクテル作りの練習が中心だそうである。
カクテルは一律で500円。おつまみも用意しているが、持ち込み可としており、食べ物を持ってくる客もいるという。「バーやカクテルというものは学生には少し敷居の高いものだと思いますが、こうして学生で作って、お値段も手ごろにすることで、少しでも身近に感じてもらえたら」と松井さんが語るように、学生が足を運びやすいムードが出来上がっており、訪れる客は学生が多いという。実際に店内は学生で溢れかえっていた。王道のマッティーニやミドリという綺麗なお酒からつくられるチャイナグリーン、歌や映画の影響でなじみの人も多いセックスオンザビーチなどが売れ線だそうだ。
学生で賑わったバー。そんな普段味わえないような少し不思議な空間は、訪れた人には貴重な思い出となることだろう。
(佐野広大)

関連記事

  1. 斯道文庫50年記念シンポジウム開催 麻生泰氏・細川護煕氏ら来塾
  2. 《「ミステリーの頁」へ、ようこそ|ART COLUMN》いまさら…
  3. 【三田祭速報】瞳輝く子どもたちとのふれあい
  4. 塾生代表 秘書制度始まる 3人が起用
  5. 《MITASAI REPORT-2019》元外交官佐藤優氏講演会…
  6. 23日にディズニーシーで150年記念イベント~14日からパスポー…
  7. 《MITASAI REPORT-2019》超電子工学研究会 AI…
  8. 【三田祭速報】食卓に手作りの陶器はいかが 陶芸倶楽部
PAGE TOP