慶大野球部 春から一転5位に沈む 投打ともに調子戻らず

 東京六大学野球秋季リーグは全日程を終了し、明大が完全優勝を果たした。春季優勝の慶大は立大戦、早慶戦でも勝ち点を落とし、勝ち点1のリーグ5位に終わった。また早慶戦を2連勝した早大の2位が確定し、続いて立大、法大、最下位は東大という順になった。(野球取材班)

先発復帰も不調だった福谷
先発復帰も不調だった福谷

立大第1戦 打線が奮起も 接戦で敗れる

 激しい雨と強風のため遅れての試合開始となった立大第一戦は、接戦をものにできず立大に5―6で敗れた。
 試合が動いたのは2回。慶大・伊場(政4)のソロ本塁打で貴重な先制点を奪う。しかしその裏、慶大先発の竹内大(環3)が連打で2死一・三塁のピンチを迎えると、暴投であっさりと同点にされてしまう。
 3回にも立大の適時打から中継ミスの間に2点を奪われる。4回に山崎錬(商3)がソロ本塁打を放ち1点差に詰め寄るも、その裏には2ラン本塁打を浴び、再びリードを広げられる。
 継投策にでた慶大は、2番手白村(商2)が5回裏を無失点できっちりと締め、流れを引き寄せる。そして6回表、2死満塁のチャンスに代打の鈴木裕(商3)が2点適時打を放ち1点差。7回にもスクイズを決め試合を振り出しに戻す。
 しかし8回裏、好投を続けていた3番手山形(政2)が痛恨の勝ち越し適時打を浴び、万事休す。打線の奮起も空しく、大事な初戦を落とした。
 試合後、代打で適時打を放った鈴木裕は「監督から満塁になったら(代打に)いくと言われていたので準備していた。初球を狙っていたので打てて良かった。この負けを生かして明日は絶対勝ちたい」と話した。



立大第2戦 接戦を制し 望みつなぐ

 初戦を落とし迎えた立大2回戦は、慶大が立大を5―3で破り、戦績を1勝1敗に持ち込んだ。
 慶大は、4回に先発の福谷(理3)が自身のバットで先制の2点適時三塁打を放つ。さらに、5回には今季打点0と波に乗れない4番伊藤(環4)が中前適時打で初打点を記録する。
 6回にも犠飛から加点し、5―0とリードを広げる。打線の奮起に先発の福谷も応え、7回まで立大打線に連打を許さない。三塁を一度も踏ませない完璧なピッチングを見せ、慶大が試合を支配する。
 ところが8回、立大が粘りを見せる。疲れの見え始めた福谷を攻めたて、2点差まで迫る。試合の流れが傾きかけたところで山形(政2)にスイッチ。2死二、三塁のピンチでの登板となったが、無失点で切り抜け、9回もきっちり抑える好救援。勝利の立役者となった。
 この試合で初打点の主砲伊藤は「(5回の打席では)ここまで打点0ということも、ここで打てば自分の打点になることもわかっていた。チームの得点になってよかった。勝って明日に繋がってよかった」と話した。


立大第3戦 終始立大に圧倒される
 上位に入るためには負けられない立大第3戦。慶大は立大先発・小室の圧巻の投球に終始圧倒され、1―4で立大戦のカードも落とした。  
 慶大は5回、竹内大(環3)が左翼へ適時打を放ち先制。4回まで8三振と振るわなかった慶大打線が、貴重な先制点を奪取する。
 しかし6回、先発として粘っていた竹内大が突如として乱れる。無死一、二塁のピンチを迎えると、次の打席で暴投。そのまま立大打者に適時打を浴び同点とされる。続く打者に死球を与え満塁とされると、連続適時打を浴びこの回4失点。立大にあっさりと逆転されてしまった。
 逆転を許しなんとか追い付きたい慶大打線だったが、小室の圧巻の投球を前に4安打と沈黙。明大戦・法大戦に続き立大戦でも勝ち点を挙げることができなかった。これで暫定5位となり、次週暫定4位の宿敵早大と対戦する。


早大第1戦 粘るも届かず早大に敗れる
 慶大は「投手が点を取られて、打線が打てなかったら負けますよね」と江藤監督が試合後に語ったように、投打がかみ合わず、初戦を6―2で落とした。
 この日、慶大の先発投手・竹内大(環3)は立ち上がりを早大に攻められ、3点を奪われる。その後、竹内大は徐々に立ち直り、持ち前の粘り強い投球で今季好調の早大打線を6回途中まで3失点に抑える。しかし、7回に竹内大の後を受けた山形(政2)もまた早大打線に捕まり、さらに3点を失う。
 一方、慶大打線は早大先発の1年生左腕・高梨を攻略することが出来ず、7回まで2安打、無得点と完璧に抑えられる。9回に早大・リリーフの有原から2点を返すものの、打線で投手を援護出来ず、万事休す。慶大は早大との大事な初戦を落とした。


早大第2戦 決め手に欠け早大に二連敗

 勝敗次第で4年生のラストゲームとなる早大2回戦は、決め手を欠いた慶大が2―4で敗れた。
 慶大は初回、エラーや不運なヒットにより早大にいきなり1点を先制される。その裏、すぐさま二死満塁のチャンスを作るも得点できない。それでも慶大は2回に再び2死満塁の好機を作ると、死球と暴投で2点を返し逆転。しかし、その後早大2番手の丸山を前に打ちあぐね、チャンスを作ることができない。
 先発の福谷(理3)は初回以降、早大打線に毎回安打を浴びるも我慢の投球を続ける。しかし6回、長打を含む2安打で同点とされてしまう。
 7回には、2番手山形(政2)が四球で溜めてしまった走者を返され逆転されてしまい、9回にも追加点を奪われる。それでもあきらめない慶大は9回、2死一、三塁の好機で打席には阪神ドラフト1巡目指名の4番・伊藤(環4)。スタジアムは一気に盛り上がり、逆転が期待されるも、左邪飛に倒れ試合終了。5季ぶりに早大に勝ち点を奪われた慶大は、春季優勝から一転12季ぶりの5位に沈んだ。
 この日3安打と気を吐いた副将金田(政4)は「大学生活で初めての3安打。最後に伊藤に繋げたので後悔はないです。よき仲間に囲まれて本当に幸せな4年間でした」と試合と自身の4年間を振り返った。