三田の山で優勝祝う

肩を組み「若き血」を歌う野球部と江藤監督
肩を組み「若き血」を歌う野球部と江藤監督

野球部の優勝パレードと祝賀会が先月30日の優勝決定後に行われた。

試合終了後に清家塾長や江藤監督と野球部員、観客などが神宮外苑絵画館前から三田キャンパスまで行進。優勝の喜びを分かち合った。三田到着後には、塾生、教職員、地域住民などがキャンパス中庭に集い、優勝祝賀会に参加した。

祝賀会では、まず清家篤塾長が「勉強もスポーツも頑張っている慶應の学生が優勝したなら、今の日本は大丈夫だ」と慶應の優勝を祝福。江藤省三監督は「去年の秋に早稲田に預けた天皇杯を返してもらいました。このまましばらく置いておきます」とユーモアを交えて喜びを表現した。

最後に伊藤隼太主将が「震災後の特別なシーズンということで、みなさんに勇気を与えられるということを信じてやってきました。次は大学野球選手権で日本一を目指します」と決意を述べて締めくくった。

應援指導部によるパフォーマンスのあと、会場全体で「丘の上」「慶應讃歌」「若き血」を斉唱し、祝賀会は幕を閉じた。