川崎市と連携協定

慶應義塾は川崎市と連携・協定に関する基本協定を結び、調印式が11月14日、新川崎タウンキャンパスで行われた。
調印式には、阿部孝夫川崎市長や清家篤塾長のほか、渡部直樹常任理事、真壁利明常任理事などが出席。慶應義塾と川崎市の新たな門出を見守った。
これまで慶應義塾と川崎市は、新川崎タウンキャンパスの設置や、医学部先端医療開発特区プロジェクトなど、様々な分野で連携事業を行っている。今回の基本協定はこうした過去の事業を踏まえ、両者が連携によりこれからも地域社会、研究、教育、産業の復興に貢献していくことを明示したもの。本協定によって直ちに新規連携事業がスタートするわけではない。
当日、新川崎タウンキャンパスでは調印式のほか、オープンキャンパスやオープンセミナーも開催され、多くの近隣住民や社会人などが足を運んだ。