報道

川崎市と連携協定

慶應義塾は川崎市と連携・協定に関する基本協定を結び、調印式が11月14日、新川崎タウンキャンパスで行われた。
調印式には、阿部孝夫川崎市長や清家篤塾長のほか、渡部直樹常任理事、真壁利明常任理事などが出席。慶應義塾と川崎市の新たな門出を見守った。
これまで慶應義塾と川崎市は、新川崎タウンキャンパスの設置や、医学部先端医療開発特区プロジェクトなど、様々な分野で連携事業を行っている。今回の基本協定はこうした過去の事業を踏まえ、両者が連携によりこれからも地域社会、研究、教育、産業の復興に貢献していくことを明示したもの。本協定によって直ちに新規連携事業がスタートするわけではない。
当日、新川崎タウンキャンパスでは調印式のほか、オープンキャンパスやオープンセミナーも開催され、多くの近隣住民や社会人などが足を運んだ。

関連記事

  1. 春学期のオンライン授業、見えた課題と新たな可能性
  2. 三菱電機会長が講演 仕事に対する姿勢を解説
  3. イベント情報
  4. ジャズの魅力と真髄 「拡張するジャズ:講義編SUMMER 201…
  5. 今年の栄光は誰の手に ミス慶應候補、渋谷に集う
  6. 【速報】山手線新駅は「高輪ゲートウェイ」に 田町~品川間
  7. 平成25年度大学入学式 新入生6840人迎える
  8. アート・センター主催イベント アーカイヴのあるべき姿を問う
PAGE TOP