報道

理工学の歩む道探求 先進的な研究目指す

11月18日、日吉キャンパス協生館で、慶大理工学部・理工学研究科主催の「第2回慶應義塾理工学部の歩む道―教育研究・連携の新拠点としてグローバル化する理工学研究―」が開催された。
理工学研究科委員長の青山藤詞郎氏は、開会の挨拶として、「今後ますますグローバル化する社会に対応できる優れた人材を輩出していくために、みなさんとともに理工学の歩む道を探求していきたい」と述べた。
本シンポジウムは、第1部から第4部で構成された。第1部では、理工学研究科の教育研究拠点としての活動を紹介。第2部では、同研究科と塾内連携の在り方についての発表があった。
また第3部では、理工学部の学生や院生によるコンサートが行われ、参加者はリフレッシュしている様子だった。第4部では、これらを踏まえた同研究科の今後の展望が示された。

関連記事

  1. 薬・医・理で不正預け金 6年にわたり2440万円超
  2. 慶大・ユネスコ連携強化~各国の教育交流促進へ
  3. メディアコム出身DJ来塾 ラジオの面白さを語る
  4. 企業と広告商品開発 体感型の「テノヒラアド」 KMD
  5. 会計士が語る 賢いお金の使い方
  6. ロボットが人間の動き再現
  7. 平成30年度入学式 パシフィコ横浜に新入生集う
  8. 日吉電影節2012開催 上海の格差を映画で







PAGE TOP