《かげおくり》

連載|14人がオモウコト。
テーマ「夏休み」

 

(7)
かげおくり

 

私の夏は、いつも日陰にありました。

それは日光過敏症という、光線を浴びると皮膚が炎症を起こす、厄介な体質のせいでした。そのために私は、いついかなるときも、日傘が手放せなかったのです。

小さい頃は「肌が弱いな」くらいの認識で、帽子を被り日焼け止めを塗るくらいで済んでいたのですが、中学生の頃、症状が悪化しました。どうして、運動会の練習というものは、あんなにも時間がかかるのでしょうか。六月のはじめ、一日中炎天下にさらされた私の肌は、ぱんぱんに腫れてしまいました。その姿は、『ブラックジャック』に登場する枯れ葉男とでもいったところでしょうか。とにかく、鏡に映る自分の顔も見えないような状態だったのです。不幸中の幸いというべきか、発症したのは帰宅後で、一週間ほど学校をお休みしました。そんな恐怖体験がありましたから、太陽と私とが仲良くなることは、おそらくきっとないでしょう。

しかし、想像してみてください。制服姿に日傘を差している異様さを。

私は恥ずかしくてたまりませんでした。

体質を知らない人の前で傘を開くと、結構な確率でこう言われます。

「女子だね」

ぽんと投げられたその言葉は、熱く、熱く燃えて、私の頬を焦がすのでした。

「〇〇をしているから、この人は××だ」

「日傘を差しているから(美容に気を使っているから?)、この人は女子だ」

〇〇は、本当に××なのでしょうか。いやそもそも、ただの〇〇でいては駄目なのでしょうか。

そんな疑問ともやもやが、私の日陰の中で、時折渦巻いております。

今年の夏も、日陰です。

ただ、いつもとはひとつ——大きく違うのは、屋根の下にいるということです。

そして、日陰にいるのは、私だけではないということです。

太陽の下では見えなかったことが、たくさんあると思います。

ブルーライトを浴びていて、目がかすむこともあるでしょう。

そんなとき、影の残像が視界に侵入してきて、いじわるく問うのです。

「あなたは今年、どうして日陰にいるのですか。」

 

☆ペンネーム ぶー

☆学部学年 文学部1年

☆ひとこと お読み頂き有り難うございました。好きなものはトマトです。