[東京六大学野球レポート]明大戦・エースの宿命

10月17日 慶大8-3明大 ○
10月18日 慶大1-3明大 ●
10月19日 慶大4-8明大 ●

東京六大学野球秋季リーグ戦は開幕から1カ月が経過し、早くも終盤を迎えた。開幕戦で立大に敗れたものの、法大東大から勝ち点を奪い優勝への望みを繋いだ慶大は明大と対戦。もう一つのカードは法大―早大。優勝の可能性がある4チームが揃い、神宮球場は今季一番の入客数と盛り上がったが、慶大は1勝2敗で勝ち点を奪えず。4チームの中で最初に脱落することになってしまった。

「トーナメント戦法」の理由

この週が始まる前の状況としては6勝1敗の早大を5勝2敗の慶大、4勝3敗の法大と明大が追う形。数字の上では1つは負けても勝ち点さえ取れれば早慶戦に優勝の可能性を残すことができた。そのような状況で、慶大は法大戦の連投に続き、この3連戦は全てエース・中林伸陽(4年)が先発。結果的には3回戦で中林が打たれて終戦。なぜ負けたら終わりのトーナメントを戦うような起用がされたのだろうか。

秋季はリリーフに回った小室潤平。怪我で調整が遅れたが長いイニングを投げるまで回復した
秋
</p><noscript><img class=[東京六大学野球レポート]東大戦・「勝って当たり前」の中で
  • [東京六大学野球レポート]法大戦・エースと4番
  • [東京六大学野球レポート]立大戦・敗れた中で見えた光
  • 慶應讃歌に3000人聴き入る 14曲の新カレッジソング披露
  • 【野球】早慶戦先勝、優勝へ王手~加藤が30勝達成