《MITASAI REPORT-2018》Pilialoha 寒さを忘れさせる温かなフラダンス

MITASAI REPORT-2018

11月25日12時から12時50分、フラダンスサークルPilialohaの公演がミニステージにて行われる。フラダンスはハワイの伝統的な民族舞踊であり、ハワイアンミュージックに合わせてゆったりと踊る癒しのダンスとして子供からお年寄りまで幅広い世代に親しまれている。

Pilialohaは慶大唯一のフラダンスサークルだ。日吉キャンパスで週に2回練習を行っており、月に3回はプロの講師から直接指導を受けている。普段の練習では基礎の練習を行うと同時に、年に数回行われる公演や慶大の学祭に向けた振付の練習を行っている。

フラダンスにおいて群舞でチーム一体となって踊る際は、腰の動きやスカートの揺れ方、手を上げるタイミングが皆で揃うことがダンスの美しさを決める。三田祭で美しく優雅なダンスを披露するため夏頃から長時間に及ぶ練習を重ねて来た。

三田祭担当の河内愛奈さん(経Pearl3)は、「三田祭は1年生から4年生まで、全員が同じ場所に立つ最初で最後のステージです。充実したものにしたい。」と語る。また、代表の柴田彩友美さん(商3)は「フラダンスにあまり馴染みがない方々にも私たちのダンスを見て頂くことでフラダンスっていいな、と思ってもらえるようなステージにしたいです。」と最後のステージにかける思いを語った。
三田祭最終日に行われるミニステージ。チーム一体となった美しい癒しのダンスは11月の寒さに凍える私たちに温かいハワイの心地を届けてくれるだろう。

(山田安希子)