三田祭

《ミスター慶應2018》Entry No.3 伊藤総哉さん(理2)

―ミスターコン出場のきっかけは何ですか。

ミスターコンの立候補期限が18時30分までだったのですが、5限の前の休み時間に友達の間で「ミスターコンに出てみようよ」という話になり、思い切って立候補してみることにしました。選考を経ていくうちに、なかなかできない貴重な経験だと思うし、やるからにはしっかりやろうという思いが増していきました。

―異性のどのようなギャップが好きですか。

がさつそうに見えて、実は料理が上手だったりすると胸にささります。

―現在大学生活で頑張っていることは何ですか。

今は実験レポートです。また、もともと苦手と感じていた接客をできるようになりたい、なにか新しいことをしたいと思って始めたスターバックスのアルバイトも頑張っています。ミスターの成長企画でもスターバックスに関することに取り組んでおり、それについての勉強や、飲み物をおいしくいれる技術を磨いています。

―将来の夢はありますか。

経営者になるのが将来の夢です。また、コンサルタントにも興味があります。コンサルタントをすると企業の弱点が見えると思うので、そういう経験を積んで将来自分の会社を立ち上げるときに役立てればいいなと思います。自分のやりたいことを主体的に動かしていきたいという願望があります。
―読者の皆さんにメッセージをお願いします。

自分にグランプリをとってほしいと思って応援してくださる方々に恩返しができるよう、グランプリを取りたいと思います。

(井上真悠子)

関連記事

  1. 應援指導部吹奏楽団 新日吉責任者2人にインタビュー
  2. 【就職活動特集・下】日本赤十字社 「人間を救うのは、人間だ」
  3. ドイツ・難民教育の現場から 「移民」に政治を持ち込むな
  4. 慶應スポーツ観戦のすゝめ
  5. 大学教員が語る「光ファイバー」 理工学部教授 小池康博
  6. 旅は五感を使ったエンターテイメント ガイドブックを片手に地球を歩…
  7. 「将来の夢」の描き方、世界でちがう?
  8. 【人物列伝】日本マイクロソフト株式会社執行役 佐々木順子氏
PAGE TOP