企画

《特集》大人になる、ということ

「大人になる」とはどういうことなのだろう。

20歳の誕生日を迎えると、社会からは大人として認められる。しかし、20歳になってすぐに、自分自身を「大人」だと自覚するのは難しいことである。そもそも「大人」とは実に曖昧な概念で、精神的に大人と子どもを区別することは容易ではない。

この年齢的には大人に分類されるべきでありながら、精神的にはまだ自己形成の途中で、大人社会に進出できずにいる期間をモラトリアムと呼ぶ。私たち大学生は、まさにそのモラトリアムの中で生きている。子どもから大人への成長過程にある大学生という期間の中、私たちはまず自分自身についてじっくりと考える必要がある。

大人と子どもの境目はどこにあるのか。四つの視点から考えたい。

* * * * *

《大人になる、ということ》得られる権利と問われる責任 成人年齢引き下げを考える

《大人になる、ということ》コミュニケーションの道具として お酒の功罪を考える

《大人になる、ということ》個々の自立性 求められる 変化する親子関係を考える

《大人になる、ということ》人生の転機に、自分と向き合う 映画『何者』を考える

《大人になる、ということ》おわりにかえて

関連記事

  1. スポーツ医学の貢献 選手支えるネットワーク
  2. 《コミュ障なんか怖くない》「コミュ障」って何だ ばか正直に思いを…
  3. 日吉で、森を守る。 慶應義塾大学・日吉丸の会
  4. 少人数で切磋琢磨 アカデミック・スキルズ
  5. 《くらしのデザインA→Z》(8)辞書
  6. 【震災3年 大震災は終わらない】被災地で震災に向き合う学生たち …
  7. 《大人になる、ということ》コミュニケーションの道具として お酒の…
  8. 一味違ったバレンタイン マシュマロ電報
PAGE TOP