スポーツ

《今月の一枚》夏のまえがき

2回戦、彦根東ー慶應義塾 5回表、飛び出した二塁走者を捕手善波の好送球で刺し、ピンチ脱出

第90回記念選抜高校野球大会は大会第6日の3月28日、阪神甲子園球場で2回戦が行われ、慶應義塾高校(塾高)(神奈川)が9年ぶりに同球場の土を踏んだ。

彦根東(滋賀)と対戦した塾高は投手戦に持ち込むも、試合終盤でエース生井が被弾。打線は一点差まで詰め寄ったが、ランナーを返しきれず。懸念されていた得点力不足を夏への課題に残し、甲子園を後にした。

(広瀬航太郎)

関連記事

  1. 【Web速報】全塾協議会選挙 始まる
  2. 2‌0‌1‌8年司法試験合格者数 慶大は合格者・合格率ともに後退…
  3. 安定欠き、下位に沈む 主力抜けた穴埋まらず
  4. ホッケー部エース・吉川大地選手 目指すは「賢くプレーできる選手」…
  5. リオパラリンピックに挑む塾員 女子陸上競技選手 高桑早生さん
  6. 慶大生を現行犯逮捕
  7. 総理大臣杯、ベスト8で敗退
  8. 《甲子園という魔物》(第5回)目前で手放した優勝旗 日本一へのこ…
PAGE TOP