【六大学野球】立大第2戦 立大を圧倒、連勝で勝ち点奪う

慶大は立大に8-3の快勝で、勝ち点を獲得し優勝へ僅かな望みを繋いだ。

慶大は第1戦、プロ注目の田村を攻略し、16安打と打線も完全に復調し6-4で勝利を収めた。

この日の結果次第では明大の優勝という可能性もあり朝から学生応援席だけでなく、多くの観客が神宮球場に駆け付け注目の高さをうかがわせた一戦。

2連勝で優勝に望みを繋ぎたい慶大の先発マウンドには法大第2戦でチームの窮地を救う好投を見せた小原大(環4)が上がる。

慶大は1回表、沓掛(商4)のセンター前安打、死球などで無死満塁の好機を迎えると、打撃好調の山本瑛(商4)が左中間に2塁打を放ち、2点を先制する。

しかし、4回裏に二死3塁から連続の適時打を浴び、2点を返され同点に追いつかれる。

直後の5回、慶大は先頭の沓掛の安打などで無死1、2塁とすると岩見(総3)がインコース低めのストレートを右中間へ運び、2点を奪い勝ち越しに成功する。その後も郡司(環1)、照屋(環3)の適時打で3点を追加、この回一挙5点を奪い試合の主導権を握る。適時打を放った郡司は「インコースを狙っていたのでそれをうまく引っ張ることができた。田村投手には昨日抑えられていたので打ててよかったです」と自身の打席を振り返った。

6回には岩見がライトに今季2本目となるソロ本塁打を放ち、立大を突き放した。

投げては小原、菊池(政2)の継投で立大打線を3点に抑えた。自身最長となる5回を投げ、リーグ戦初勝利を挙げた菊池は「得意のフォークを効果的に使うことができた」と自身の投球を振り返った。今日も先発マスクを被った郡司は「今日はいろいろなパターンでリードできたしよくできたと思う」と語った。

2安打3打点1本塁打と打線を牽引した岩見は「バッティングに対する取り組みが少しずつ身になってきている」と自信をのぞかせた。

大久保監督は「得点能力の高い立大打線から打たれてもほとんど単打で凌げたことが大きかった。菊池は経験するごとに成長してくれているし、物怖じせず堂々と投げてくれている。次戦の試合前の時点で優勝をまだ狙える状況であるのかはまだ分からないが、僕自身も(就任以来)早大戦で勝ち点を挙げられていない。早慶戦での勝ち点獲得は優勝に匹敵するくらい慶大にとって大切なこと。早慶戦は何としても勝ち点を取りたい」と早慶戦に向け闘志を燃やした。

(香西朋貴・世古宗大士)