スポーツ

鬼嶋監督が残したもの

 4年の任期を全うした鬼嶋監督は、とても気さくな方だった。一記者である私をすし屋に連れて行ってくれたり、しばらくぶりに私が監督にお会いしていなかった時には「久しぶりじゃないか、何してたんだ」といった感じで声をかけてくださった。もう試合後に監督のインタビューができないかと思うと少しさびしい気がする。
 一方で外野からの鬼嶋監督に対する評価は厳しかった。ダメだと思ったらすぐに代える投手継投のタイミングや、相手投手などによって代わる打順など、定石どおりの采配とは言えなかった。選手との軋轢もなかったわけではない。前任者・後藤監督の大きさもあった。
 しかし、サブマリンの合田投手やサウスポーの中根投手など、普通に見ればあまり目立たない選手を発掘したのは、鬼嶋監督だった。また、監督が「自分の一番の成果は慶應らしい明るいチームの雰囲気ができたこと」と語るように、チームの団結力は強まった。それが昨年の秋季リーグ優勝につながった。
 鬼嶋監督は今後一個人としてチームを支える立場となるが、来年のチームには大きな期待を寄せている。「今の二年生の代は、去年『最強世代』と言われた学年よりもセンスがある。来年からは早・慶・法の時代になる」と話す。主砲武内、越智・佐竹といった投手陣といった主力が抜ける早稲田に比べ、慶應の先発陣からは合田がいなくなる程度。春に向けた練習でさらにベースアップができるというわけだ。
 新チームの監督、そして主将には鬼嶋監督が築いた慶應らしい野球・「Enjoy Baseball」を受け継いで、慶大の黄金期を作って欲しい。

 (竹澤正浩)

関連記事

  1. ヤクルト、野球部加藤を1位指名~2007年ドラフト会議
  2. [関東大学ジュニア選手権リーグ戦 詳報]復活の狼煙、雪辱の誓い~…
  3. 《塾生注目》ソッカー部女子 山本華乃選手
  4. バスケインカレ2回戦・vs早稲田大学~突如立ちはだかった予想外の…
  5. 【春の早慶戦特集】谷田×横尾 対談 2人の若き主砲、本音語る
  6. ラクロス部男子主将・山田晃平さんインタビュー
  7. 東海大に力負け 準決勝敗退
  8. 《2018年度主将インタビュー》野球部 河合大樹選手







PAGE TOP