【六大学野球】早慶戦第1戦 春秋連覇の夢潰える

試合終了後、涙を見せる佐藤旭主将
試合終了後、涙を見せる佐藤旭主将

2季連続で優勝のかかった早慶戦。逆転優勝の条件である「連勝」のために是が非でも勝たなければいけない第1戦。慶大は幸先良く先制するも、終盤に勝ち越しを許し、最終回の追い上げも及ばず3-4で敗戦した。この瞬間、慶大の春秋連覇の夢が潰えた。

慶大は初回、二死から谷田(商3)が安打で出塁し、すかさず二塁を陥れると、続く今季好調の横尾(総3)がライトへ適時打を放ち、慶大が先制する。

しかし慶大の先発、加藤拓(政2)が早大打線を止められない。初回にいきなり二死一、三塁のピンチを迎えると今季リーグ首位打者の小野田に適時打を許し、同点に追いつかれる。さらに4回には一死三塁から7番中澤に適時打を浴び勝ち越しを許してしまう。

打線は5回、二死一塁から再び横尾が今度は左中間を破る二塁打を放ち、一塁走者の山本泰(環3)が一気に生還し、慶大が再度同点に追いつく。

このまま同点で打線の援護を待ちたかった加藤拓だが、6回に代打山口の適時打、7回には二死一、三塁から自身の失策で2失点。慶大はまたも追う展開となる。

リードを奪った早大は7回から日本ハムからドラフト1位指名を受けた有原をマウンドへ。早大の絶対的エースを前になんとか得点を奪いたい慶大打線だが、7回、8回と3人で攻撃を終えてしまう。

そして迎えた最終回、9回表。先頭の齋藤(商2)が追い込まれながらも3球目にうまく合わせると、打球はライトスタンドポール際に飛び込むソロHRに。慶大が1点差に詰め寄る。 さらに2者連続四球で無死一、二塁と絶好のチャンスを演出する。しかし佐藤旭(商4)が左飛、最後は山本泰が併殺に終わり、試合終了。最終回に反撃するも3-4で惜敗した。慶大の23年ぶり連覇の可能性が消えた。

試合終了後、佐藤旭主将は「負けてしまって優勝はなくなってしまったが、明日は神宮で絶対に勝ちたい」と語った。


3打数2安打2打点と好調だった横尾
3打数2安打2打点と好調だった横尾
先発の加藤は追いついた後、粘れなかった
先発の加藤は追いついた後、粘れなかった
9回表、1点差に迫るソロHRを放った齋藤
9回表、1点差に迫るソロHRを放った齋藤
慶大は早大有原をあと一歩のところまで追い詰めたが、及ばなかった
慶大は早大有原をあと一歩のところまで追い詰めたが、及ばなかった