報道

商学部 新プログラムを開講

国際的な人材育成が目的
商学部は来年度から全学部の3・4年生を対象に専門的な国際プログラムとして「Global Passport Program(以下GPP)」を開講する。

GPPはグローバル社会のなかで企業や組織が直面する諸問題を発見し、乗り越えていく解決能力を養うことが目的である。原則として英語による授業が行われ、大学院商学研究科との併設科目や少人数形式のワークショップ科目が開かれる。また、フィールドワークやゲストスピーカーによる授業も予定される。春学期は約40名を募集。参加を希望する学生から、学業成績とTOEICスコアをもとに選考する。春、秋の半期ごとの選抜を行うという。

2学期間GPPに参加し、修了単位を取得した者は、学部長から「Global Passport Holder」としての認証が与えられる。最短で3年次中に取得できるため、就職活動に役立てることも可能。また国内外の大学院進学時にもプラスに働くと考えられる。来年度春学期からのGPPへの応募期間は今月24日から28日まで。

関連記事

  1. ウェーランド講演会 白井さゆり氏が登壇
  2. ドライアイの病理解明に光
  3. 桜スポーツフェスタ開催 体育会部員と地域住民が交流
  4. 改変遺伝子の作出に成功 英国科学誌に掲載
  5. 【4学期制】3学部が導入を決定
  6. 湘南台照らすキャンドル~地域と繋がる場に
  7. 学生部がハガキラベル作成 話し合いは継続の見通し
  8. IDEO社CEO ティム・ブラウン氏 慶大名誉博士の称号を授与







PAGE TOP