スポーツ

攻守共に絶大な存在感 ~岡崎祥昊捕手

―現在首位をキープ
「もちろん優勝という目標はあったが、勝ちにこだわることはあまり意識せず、自分のプレーをするということを心がけていたので、その結果いい緊張が保てたのではないかと思う」

―今季から四番
「自分がしっかりしないという自覚はあるが、東大戦、明大戦では大きいのを狙いすぎて納得いくバッティングできなかった。いまは、4番目のバッターとして5番につなぐことだけを意識している」

―キャッチャーとして
「自分がいちばん打者を研究し、最善のサインを出しているつもりだから、完封するのが目標。打たれたらピッチャーより絶対自分のほうが悔しいと思っている。そういった闘志だとか、試合に夢中になってプレーしている姿をみてほしい」

―早慶戦への意気込み
「素材でいったら早稲田が上だが、チーム全体で挑戦者の気持ちで向かっていき、2連勝したい」

―春リーグの目標
「優勝はしたいが、優勝を狙いにいくと、かたくなるので、一戦一戦目の前の一球を大切に重ねていきたい」

(人見彩子)

関連記事

  1. 「今年は自分が引っ張る」 ソッカー部・増田選手 プロへの夢が原動…
  2. 【六大学野球】早大第1戦 宿敵早大を下し5連勝
  3. 【ソッカー部】2年ぶりの全国 関学大に惜敗
  4. ラグビー関東大学春季大会 強豪に一矢報えず敗退 昨季の勢い見られ…
  5. 来期に向け課題残る7位 慶大らしさ出しきれず
  6. 少林寺拳法早慶戦 節目の年に勝利飾る
  7. バスケットボール定期戦 ~慶大、4年ぶりに敗れる
  8. 関東大学サッカーリーグ戦 ~東農大に引き分け首位陥落
PAGE TOP