【ソッカー部】2年ぶりの全国 関学大に惜敗

第37回総理大臣杯の初戦、慶大は関西代表の関学大と対戦し、惜しくも2―3で敗れた。
前半5分にMF加瀬澤(総1)のゴールで先制し、主導権を握った慶大。その後も関学大のプレスをかわしてボールを回し続け、チャンスを演出していく。しかし前半19分、相手コーナーキックの処理を誤り、失点を喫する。同点に追いつかれた途端に慶大は勢いがなくなり、徐々に関学大がペースを掴む。攻撃陣はボールをペナルティエリア手前まで運ぶことはできるものの決め手を欠き、なかなか相手ゴールを割ることができない。逆に攻めあぐんでいるところで関学大にボールを奪われ、カウンターに遭う場面が増えていく。すると前半33分、相手FWのドリブル突破を防ぎきれず、逆転を許す。
後半に入ってDF溝渕(環1)、DF豊川(総1)と交代策を打ち、状況の打開を図る。終盤には長身のFW平戸(法3)を投入し、ロングボールを使った攻撃を使って関学大ゴールに迫る。すると後半39分、DF山田(総2)のクロスに豊川が合わせ、試合を振り出しに戻す。逆転を狙い、攻勢に出た慶大だったが、前がかりになった隙を突かれ再び関学大に勝ち越し点を与えてしまう。これが決勝点となり2―3で試合は終了。初戦敗退という結果に終わった。
試合後、主将の松下(総4)は、「チャンスを決めきれずとてももったいない試合だった」と悔しさを口にした。  (木下俊亮)