CAMPUS IDOL

【CAMPUS IDOL】法学部政治学科3年 稲田舞子さん

本格的な冬の寒さが到来した三田キャンパス。凛とした出で立ちで現れたのは今月のキャンパスアイドル、法学部政治学科3年の稲田舞子さんだ。
書道、茶道、華道など、幼い頃から多くの習い事をしていた 稲田さん。現在、着付け教室の先生の薦めで出場したミス日本コンテストで12人の最終候補者に選ばれている。「ミス日本に出て、本当に多くの友人が自分のことを応援してくれて、改めて周りの人に感謝の気持ちを持つことができた」
その他に大学生活で力を入れていることはサークルとゼミ活動。自身が成長できると同時に、熱中できるものは何かないかと考え、英字新聞を発行するサークルに所属している。
また法学部の稲田さんだが、経済学部のゼミに所属している。アウトプット型のゼミで、それぞれの個性が感じられることが楽しいと話してくれた。
好きな言葉は「心豊かに、技美しく」。新体操をやっていた稲田さんならではの言葉だ。美しさの中にもどこか強さが感じられる彼女に、いつの間にか我々は釘付けになっていた。                                          (やんのの。)

関連記事

  1. この春、新しいことを始めたい人に Macの魅力とは
  2. 【CAMPUS IDOL】経済学部3年 白井友香里さん
  3. 【CAMPUS IDOL】文学部3年 柏木茉莉子さん
  4. 《好きの1ページ》第1回 文房具のひみつ〈後編〉
  5. 喊声2016年9月号
  6. 《記者が見つめた慶應》学生運動に揺れた60年代末 キャンパスがバ…
  7. 見えない障害に対する配慮を 「ヘルプマーク」
  8. ゆとり世代の就職活動 将来の可能性広げる選択を







PAGE TOP