慶應塾生新聞会 三田オフィス
〒108-0023 東京都港区芝浦2-8-14 第2AKビル4階B
TEL 03-3454-7966
FAX 03-6435-2573

【六大学野球】 法大第3戦 チームの窮地はエースが救う

星を五分に戻して迎えた法大第3戦、慶大は効果的に得点を重ね3-1とロースコアのゲームを制し法大から勝ち点を獲得した。

2回、慶大は先頭の山本瑛(商4)がライトオーバーの二塁打で出塁し、犠打で3塁に進塁すると開幕7試合連続マスクをかぶる郡司(環1)がレフトへ適時打を放ち、先制する。先制打を放った郡司は試合後「加藤さんに先制点をプレゼントできてよかった」と振り返った。

5回には柳町(商1)のレフトオーバーの二塁打、四球などで一死1、3塁のチャンスをつくると沓掛(商4)の犠飛で追加点を奪う。7回にも四球と柳町のセンター前ヒットなどで一死2、3塁とすると照屋(環3)の犠飛で追加点を奪い、法大を突き放す。

慶大は6安打と法大投手陣に苦戦しながらも少ないチャンスをものにし貴重な勝ち点を獲得した。

投げては加藤拓(政4)が153球の力投で完投勝利を挙げた。四死球でランナーを背負う場面もあり、7回には適時打で1点を失うも、その後のピンチを三振で切り抜ける。好リードで加藤を盛り立てた郡司は「試合前コントロールとか気にせずに思い切って投げると加藤さんに言われていた。初回はコントロールを乱すこともあったが序盤から変化球も織り交ぜていつも以上投球の幅が広がった」と話すように効果的に変化球を巧みに織り交ぜ要所を締めるピッチングで法大打線を3安打に封じ込めた。加藤は「1戦目はふがいないピッチングをしてしまったので、やりかえしたかった。先頭打者を出さないことを心掛けていた」と自身の投球を振り返った。

大久保監督は「少ないチャンスで3点取れたのが大きかった。どう転ぶか分からない試合だったので、今日の勝ちに自信を持って今後につなげてほしい」と選手をねぎらった。

(世古宗大士・香西朋貴)