サッカー

ソッカー部 松井拓未主将

塾ソッカー部の新主将、松井拓未選手(環4)にお話を伺った。

―昨年を振り返って
「体制が変わった中、三・四年がチームの一体感を作りだせなかった。チームワークの面で、相手に至らなかったと思う。自身も、初めてフルタイム・フル出場を果たした年だったが、結果を出せず非常に悔しい。本当、目が覚めた一年だった」

―今季を迎えるにあたって
「昨年の悔しさは、皆の心に染み付いている。今季は特に、練習において一体感の中にも緊張感があり、非常に刺激のあるものとなっている。共に競争することで、個々のレベルアップが図られ、それによって、チームの底上げがなされている。チーム自体も、遠征などの実戦を通じて、コンディションがアップしていると感じる」

―今季のチームの特長
「昨年と面子が変わらないことが大きい。DFは、誰が出場しても変わらないパフォーマンスを見せることができる。また、何か一つ『武器』を持った選手が多い。ピッチ上の11人が、11人以上の働きをするチーム」

―逆に弱点は
「ここ一番の自己主張が足りない。まだまだ精神的にもムラがある。グラウンドの上で、お互いがもっと要求しあっていかなくてはならない」

―目指すチーム像は
「パスで局面を打開できるサッカー。中盤のつながり、展開を重視したい。また、よりクリエイティブでアイデア溢れるサッカーをしたい。もちろん、厳しく結果にはこだわるが、原点でもある『楽しいサッカー』をしていきたいと思う」

―主将個人、そして部としての目標
「個人としては、全ての時間グラウンドに立って、存在感を出していきたい。自分が諦めたら、終わりですから。常に先頭に立って、チームを引っ張っていきたいと思う。部としては、日々の練習を大事に、常に緊張感を持って望むこと。細かい具体的な目標を、一つずつクリアしていくことが大切。最終的に、一部昇格ができていればいいと思う」

(安藤貴文)

関連記事

  1. 捲土重来のために〜京王電鉄杯レポート
  2. 慶大ソッカー部アミノバイタル杯 関東準優勝、全国へ
  3. [野球]91年ぶり全勝優勝逃すも3季ぶり37度目優勝
  4. 誰でも参加して楽しめる新しいスポーツ ゆるスポーツ
  5. 体育会ウォッチャー~ラクロス倶楽部が体育会「部」に昇格
  6. 【関東大学春季大会】慶大蹴球部 開幕2連勝もディフェンスに不安
  7. 【記者の眼】慶大と箱根駅伝
  8. 【記者の眼・ラグビー】課題と希望が見えた一年
PAGE TOP