報道

定年退職の教員~38名発表される

 3月31日をもって定年退職する大学教員38人が発表された。該当する大学教員は以下の通り(敬称略)。

 末吉雄二、中島陽子、唐須教光(以上文学部教授)、西尾修、寺澤行忠、長名寛明(以上経済学部教授)、井田三夫、中島茂夫、坂口尚史、加藤久雄(以上法学部教授)、三浦雄二、樫原正勝、吉田正樹(以上商学部教授)、小島明(大学院商学研究科)、小林紘一、小林常利(以上医学部教授)、森英樹、溝本雅彦、山田邦博、上松公彦、宗宮詮、仙名守、森雅夫、田島圭介、伊藤正時、村上周三、太田博道(以上理工学部教授)、日端康雄、古川康一、小檜山賢二、(以上大学院政策・メディア研究科)、大岩元、鈴木佑治(以上環境情報学部教授)、大橋良子(理工学部准教授)、作田勉(医学部准教授)、三谷芙美子、稲本元(以上医学部専任講師)、竹内寿一郎(理工学部専任講師)、野沢素子(日本語・日本文化教育センター)。

関連記事

  1. ミスター慶應2018 ファイナリスト発表される
  2. 《連載》違法サービスはなぜ生まれたか ルポ・内定辞退予測
  3. 国芳の魅力 豊かな画想に迫る
  4. 祝勝会に3000人集う
  5. 産学連携セミナー開催 環境に配慮した技術を紹介
  6. 12日、オコナー氏講演~初の米最高裁判事
  7. 8大学で利用調査 教科書などの電子化促進が狙い
  8. 大津教授中締め講義 言語研究の問題点を探る







PAGE TOP