日吉イタトマ閉店

生協の麺専門店オープン
日吉キャンパスの食堂1階にあるイタリアン・トマトカフェジュニア慶應日吉店(通称イタトマ)が先月19日で閉店し、今月24日から新たに生協食堂が麺専門店の営業を始める。

イタトマはフランチャイズ店のために柔軟な経営が難しく、単価および量などで塾生の要望に応えにくかった。そのため利用者数が低迷し、経営的に苦戦。今月にイタリアントマト本部とのフランチャイズ5カ年契約の期限を控えていたため、閉店を決めた。

新たに営業を始める麺専門店では、現在他キャンパスの生協食堂で提供されている麺メニューが基本となる。それに加え、手作りおにぎりや価格とボリューム重視のセットメニューなど、質、量とも重視したメニューを用意しているという。

日吉の食堂は1階に生協食堂(遊遊キッチン)、2階にグリーンハウス食堂が営業をしている。両者のメニューが重ならないよう調節した結果、生協食堂では麺を提供しないことになっていた。しかし麺メニューへの要望が相次ぎ、多くの塾生の声に後押しされて、今回の開業となった。

また、この麺専門店はまだ名前がついていない。実際にオープンした後、塾生の公募で名前を決める予定だ。