WEB限定記事

竹内大 圧巻のノーヒットノーラン

 17日に慶大野球部の初戦である東大戦に先発した竹内大(環2)がノーヒットノーランを達成。竹内大は2度目の登板でリーグ戦初勝利を飾った。ノーヒットノーランでの初勝利は1989年秋の慶大の若松幸司以来。登板2試合目での達成は1929年秋の明大、鬼塚格三郎に並ぶ最高記録である。

 竹内大は初回に三者連続三振と最高のスタートを切る。その後はストライクがなかなか入らない場面もあったが、伸びのあるストレートと切れのある変化球で13奪三振。赤門打線を完全に封じた。

 試合後竹内大は「ノーヒットノーランは意識した。早く一本打たれて楽になりたかった」と笑顔を見せた。また、投球の意識について「自分の投球をするだけ。キャッチャーのリードが良かった」と振り返った。

関連記事

  1. 関東大学バスケットボールリーグ戦 慶大は8位に終わる 攻守とも安…
  2. 【バスケ】2017年度後期総評 決定力不足克服へ 2年生コンビの…
  3. [深層レポート]栄光への転換点を支えた2人の男〜田上和佳&…
  4. Short Shorts Film Festival 2005~…
  5. 【三田祭速報】スイーツで東北支援 ユネスコクラブ
  6. ラクロス 男子、2年ぶり準優勝~女子は初戦敗退
  7. バスケ オールジャパン、3回戦敗退
  8. 全日本大学サッカー選手権 関西王者に完敗喫する
PAGE TOP