【速報】秋の早慶戦初戦 慶大、熱戦の末早大にサヨナラ負け

激戦に敗れうなだれる、橋本選手。

11月5日、明治神宮球場で早慶戦の初戦が行われ、慶大が早大に4―5で敗れた。

1回裏、早大・熊田任洋選手(3年)に先頭打者本塁打を浴び先制された。その後、両者拮抗した展開が続くも、6回裏、この回先頭の早大・松木大芽選手(4年)がセカンドへの内野安打で出塁し、送りバントで二塁へ進むと早大・蛭間拓哉選手(4年 埼玉西武ライオンズ・ドラフト1位)がバックスクリーンにツーランホームランを放ちリードを三点に広げた。慶大の先発、増居翔太選手(総4=彦根東)3失点も、7回を投げ切った

慶大の攻撃は、序盤からチャンスを作るも最後の1本が出ない展開。しかし、8回表、代打の本間颯太朗選手(総2=慶應)が投手強襲の内野安打で出塁すると、下山悠介選手(商4=慶應)が左中間を破る二塁打を放ち1点を返す。続く打者もヒットを放ち13塁とすると、五番山本晃大(総4=浦和学院)がバットを折りながらセンター前へ運び同点に追いついた。そして9回、代打川海斗選手(法3=慶應)がライトへソロホームランを放ち3点差逆転に成功した。

その裏から慶大は、橋本達弥投手(環4=長田 横浜DeNAベイスターズ ドラフト5位指名)が登板。しかし、ヒットで先頭打者出塁を許すと送りバントとヒットなどでチャンスを広げられ、松木選手がライト前にヒットを放ち走者2人帰り早大が逆転。慶大はサヨナラ負けを喫した。

今日の敗北により、慶大が優勝するためには、明日(6日)、明後日(7日)の試合に勝利する必要がある。

 

※試合中の様子をスライドショーでご覧いただけます(撮影=太田小遥)

 

鈴木廉