CAMPUS IDOL

《CAMPUS IDOL》 総合政策学部2年 奥原ゆきのさん

彼女が人生で最大の挑戦として挙げたのはミス慶應SFCコンテストへの出場だ。見事グランプリに輝いたが、結果以上に得たものは大きかったという。
「笑顔は伝染していくものだと感じました。配信に来てくださった方からの「楽しかった」という声や、応援していて良かったと言っていただけることが本当に嬉しかったです」

頑張った分だけ必ず結果は帰ってくること、そして多くの人に支えられてこそのグランプリだと実感したと当時を振り返る。

そんな彼女の理想の女性像は「自立した強い女性」だ。女優の田中みな実さんと石原さとみさんを例に挙げ、「お二人のように自分の意志を持った、芯のある女性になりたいです」と力強く語ってくれた。

一方、好きな男性のタイプは「沈黙の時間でも居心地がいいと思える人」だという。「私、しゃべってるときと黙ってるときの差が激しいんですよ(笑)。そういう自分を受け入れてくれる人が理想かなと思います」

今ハマっていることを聞くと、漫画を読むことという答えが返ってきた。『ハイキュー‼』や『バクマン。』の熱烈なファンだという。「ほかにもネットフリックスを観たり、料理を作ったり、小説を読んだり、自粛期間に趣味が増えました(笑)」。もしかしたらインドア派なのかもしれません、と照れ笑いを見せる。

将来は趣味の化粧品に携わる仕事がしたいという彼女。「メイクしたら自分に自信が出てくるという子は多いと思います。化粧品を通じて多くの人を勇気づけられる人になりたいです」と語る。明るくポジティブな彼女らしい夢だ。

 

最後にコロナ禍が終わった後の楽しみを聞くと、最高のチアパフォーマンスを対面でお客さんに見せることだと笑顔で語ってくれた。彼女のチアを見に行き、たくさんの元気をもらう。そんな日も遠くはないだろう。

(大宮SK)

1

2

関連記事

  1. 【就職活動特集・下】東洋経済新報社
  2. サッカー元日本代表反町康治氏~あまのじゃくな生き方
  3. 《日吉研究所 FILE No.2》代官山編
  4. 《塾員インタビュー》コロナ禍でも舞台は成長し続ける 宝塚歌劇団 …
  5. 《企業座談会企画》第1弾 JR東海 「日本経済を支える大動脈 新…
  6. 【学部紹介】理工学部
  7. ミスター慶應ファイナリスト No.4 川口潤さん
  8. 【500号記念 メディアの明日を考える】 毎日新聞 東京本社編集…







PAGE TOP