【六大学野球】早大第2戦 投手陣の奮起むなしく打線沈黙

早大第2戦、慶大は投手陣が2失点にまとめるも打線が早大の好投手竹内を打ち崩すことができず2-1で接戦を落とした。

この試合に勝利し、2連勝で勝ち点を獲得したい慶大の先発は今季復活を遂げた小原大(環4)と竹内の両左腕の投げ合いに。

慶大は1回裏、二死からドラフトで日本ハムに指名された早大石井にソロ本塁打を浴び先制を許す。続く2回にも四死球でランナーをためると適時打で1点を追加され2点を追いかける展開となる。

慶大は3回までノーヒットに抑え込まれ重苦しい空気が立ち込める。4回倉田(法3)、岩見(総3)の連続安打と四球で一死満塁の絶好のチャンスを作るも、後続が倒れ無得点に終わる。

しかし6回、倉田が振り逃げで2塁を陥れ、捕手後逸の間に3塁に進塁すると、今季打撃好調の4番山本瑛(商4)がセンターオーバーの適時2塁打を放ち1点を返す。

5回からは法大、立大戦で好投を見せた菊池(政2)がマウンドへ。6回裏、先頭の石井に2塁打で出塁を許すとバッテリーエラーで3塁へ進まれ、ピンチを迎えるも3者連続三振でピンチを凌ぎ、菊池は今日一番の笑顔を見せた。

8回表、追いつきたい慶大は先頭で打席が回ってきた、ここまで3回無失点の菊池に代打を送り勝負をかけるも代打策実らず。

1点を追う最終回一死から重田(環4)、柳町(商1)の安打で二死1、3塁とするも、あと一本が出なかった。

投げては小原、菊池、髙橋佑(環1)の3投手の継投で早大打線を4安打に抑える好投を見せた。

3イニングを無失点に抑え6三振を奪うなど好投した菊池は「2点負けている場面での登板だったので絶対に1点もやれないと思った。6回のピンチの場面では、なにがなんでも抑えようと強く腕を振った結果」と振り返った。

今日も3投手を好投に導いた郡司(環1)は「負けてしまったけれど、今日も強気のリードができた。バッティングは昨日僕が打ったので相手に巧い攻め方をされて、的を絞らせてもらえなかった。明日は4年生との最後の試合になるので僕は全力で加藤さんをリードしていきたい」と悔しさを滲み出しながらも明日のシーズン最終戦に向け前を向いた。

2試合連続の熱戦を終えた大久保監督は「今日は投手陣が2失点に抑えてくれただけに勝ちたかった。4回の一死満塁のチャンスで逆転で来たらと考えてしまうが、たらればの話をしても仕方ない。接戦で勝ちを落としてしまうのは監督の責任です」と選手をかばった。

(香西朋貴・世古宗大士)