報道

協生館に新施設オープン~地域住民との交流広がる

様々な慶應グッズの揃う販売コーナー

様々な慶應グッズの揃う販売コーナー

 昨年8月に竣工した協生館2階に新たな施設「コミュニケーション・プラザ」が11月9日にオープンした。

 慶應オリジナルグッズの販売コーナーや、各種パンフレットなどの展示・大学紹介のDVD放映を行う「慶應義塾紹介コーナー」に加えて、社会・地域連携室の事務室がおかれている。また、当施設は大学と社会との「協生」を実践するコミュニケーションの場として様々な機能が融合した施設であり、「社会・地域に開かれた場」、「地域社会との連携」という協生館のコンセプトを体現したものとなっている。

 当施設の魅力について、大学社会・地域連携室事務長の小関克明さんは、「慶應義塾において、地域の人など学生・職員以外が気軽に自由に出入りできる初めての施設」と話す。オープン以来、学部生・院生、塾員、そして地域の方など様々な人が訪れている。訪問者で最も多いのは地域の方々で、慶應グッズは特に塾員に好評だという。「コミュニケーション・プラザ」という名称にも、「交流の場、人が集まる場」になってほしいという願いが込められている。小関さんは、「この施設をさらに学内外の交
流ができる場にしていきたい。ぜひ近くに来た際は、用事が無くても寄ってみてほしい」と語った。

 開館時間は、月曜日から金曜日の9時から16時半。

関連記事

  1. インフル流行拡大 入試にピーク重なる可能性
  2. 定年退職の教員 37名発表される
  3. 青森市と慶大が連携協力 近未来の社会構築目指す
  4. 微量の血液からiPS細胞作製 医学部・福田教授ら患者の痛み軽減
  5. 宇宙と地上のインフラを統合 3校提携で事業開始
  6. ベンチャー企業設立を発表 電気自動車の普及へ
  7. 2014年度 4学期制導入を決定
  8. 一般入試で出題ミス 薬学部 受験者全員に加点措置
PAGE TOP