【業界研究特集2014】江崎グリコ株式会社

後ろ倒しとなった今年度の就職活動。3月からの解禁まで、あと残り3ヶ月だが、それまでに万全な下準備を整えたいところだ。

今回本紙では、「金融」「食品」「不動産」業界を代表する3社に業界の特徴などについて話を聞いた。将来を見据え、自分の適職を知るきっかけとなれば幸いである。

「金融」→損害保険ジャパン日本興亜株式会社
「不動産」→野村不動産株式会社

***

人事部の渡部唯菜さん
人事部の渡部唯菜さん

【食品】
江崎グリコ 「おいしさと健康」の実現を目指して

―会社の理念
グリコの創業時からのモットーとして「おいしさと健康」が挙げられます。創業者の江崎利一は、栄養素であるグリコーゲンをより多くの人に届けるため、キャラメル菓子に混ぜ込んで販売を始めました。現在、グリコではさまざまな食品(お菓子・アイス・カレーを含む加工食品・デザート・飲料・粉ミルク・幼児食など)を製造・販売していますが、もともとこのような経緯があるため、数多くある食品メーカーの中でも「心と身体の健康に寄与していること」が会社の特徴になります。

―社風
「おいしさと健康」の実現のため、「創る・楽しむ・わくわくさせる」というグリコスピリットと呼ばれる行動指針があります。グリコは創業当時、食品業界の中では後発企業であるため、他企業がやっていないことに取り組む必要がありました。ほかにはない商品を生み出し、厳しい競争社会の中でも勝ち抜いていくためにチャレンジをしていきたいという社風があります。

―仕事内容
マーケティングや営業を行う文系職と商品研究や開発をする理系職にわかれます。理系職は理系の学部や院の卒業者が対象ですが、文系職は文理を問わないのでさまざまな方が挑戦できます。
仕事では、創意工夫と積極果敢なチャレンジを大事にしています。自分なりのアイデアをもとに、周りを巻き込み、コミュニケーションを取りながら物事を進めていくことが求められます。

―仕事環境について
約4700人の従業員のうち、女性は約2割ですが、ここ数年の新卒の入社人数に占める女性の割合は5割以上になっています。育休や産休の取得率は直近5年間で90%を超えており、安心して働ける環境があります。
また、グリコという会社は人との距離が近いと思います。挨拶が積極的に交わされていたり、共通の趣味を持つ社員同士で集まって活動を行ったりすることもあります。ほかにも大阪本社では毎年、ビアパーティーが開かれるなど社員同士の交流が盛んです。

―CSR活動について
「食を通じて社会に貢献する」という創業者江崎利一が残した言葉を根幹となし、この考えをもとにすべての企業活動を行っています。たとえば文化活動への協賛(劇団「四季」ミュージカル・大阪フィルハーモニーなど)や親と子の心身の健康増進に貢献(創業者江崎利一が創設した公益財団法人母子健康協会の活動援助)するなどの活動を行っています。

―塾生へのメッセージ
就職活動をする中で、焦らず丁寧にこれまでの自分を振り返り、仕事を通じてどんな自分になりたいか、何をしたいか、それにはどんな力が必要か、その力はどんな経験から得られるか、その経験はどこでできるか、などをじっくり考えてみてください。その結果、創意工夫をし、積極果敢にチャレンジし、「おいしさと健康」を実現しようとするグリコに興味を持っていただけたら幸いです。 (聞き手=長屋文太)