CAMPUS IDOL

【CAMPUS IDOL】経済学部2年 谷口未侑さん

アイドルすっかり冷え込み、塾生も足早になる師走。秋晴れに銀杏の葉が散るなか、静かに現れたのは経済学部2年の谷口未侑さんだ。

入学してからは慶大のバドミントン同好会Keio Bird Fellowsに所属、年に数回ある試合にむけて週2回の練習に励んでいる。「バドミントンなら私にもできるかなと思って」と控えめに語る彼女だが、その目には真剣さが宿る。謙虚なイメージとは裏腹にアクティブな面を垣間見せた。

アイドル
甘いものが大好きな谷口さんのアルバイト先はもちろんパンケーキ屋だ。はじめはホールを担当する予定だったが、なりゆきでキッチンに入ることになったという。おすすめの品を聞いてみたところ「キャラメルフレンチですね!」と笑顔で即答。「すごくおいしいんですよ!」と目を輝かせて話す姿に、寒さに凍える取材スタッフの表情も思わずゆるむ。

大学生活で心がけていることについて尋ねてみた。少し考えたあと、「色々なことに全力で取り組むこと、でしょうか。興味のあることは何でもやってみるつもりです。あと、友達に思いやりをもって接することが大事です」とゆっくり真剣な面持ちで答えてくれた。「大学生活は一度きり。やりたいことをやって楽しんだもの勝ちだと思います」

女の子らしい優しさと活動的な性格をあわせ持つ彼女。やわらかい物腰の奥に、「今」を楽しむ信念を感じた。
(イザムー)

関連記事

  1. 七夕祭 7月5日、SFCで開催~七夕祭を支える人々 届け、彼らの…
  2. 【三田祭速報】食卓に手作りの陶器はいかが 陶芸倶楽部
  3. 心豊かなひとときを 春休みに観たい映画DVD
  4. セカンドライフ研究者に訊く
  5. スマートモブが動かす政治 総合政策学部 土屋大洋学部長インタビュ…
  6. 【いま、平成に生きる①】手紙の力を考える
  7. 《記者が見つめた慶應》湘南藤沢キャンパス開校 学生が一から創り上…
  8. 三田に自邸を建設中! 蟻鱒鳶ル(ありますとんびる)の作り手とは







PAGE TOP