【記者の眼】ソッカー部 浅間翔大(理4)

サッカー3年生になるまでトップチームの試合に出場したことはなかった。最終学年となった今季の開幕戦もベンチスタートとなる。しかし、その試合でMF端山(総3)が負傷し、途中交代でトップチームへのデビューを果たす。中盤の底に入り、チームの勝利に貢献した。「急な出場だったにも関わらず、守備の面で本当によくやってくれた」。須田監督からの信頼を勝ち取った。今ではレギュラーに定着し、堅守が持ち味の慶大の守備を支える存在だ。

最大の強みはピンチを事前に摘み取る危機察知能力だ。相手のチャンスの際には必ず顔を出し、先陣を切ってプレスをかけていく。

さらに後期からは守備だけでなく、攻撃でも積極的な姿勢を見せる。最近の試合では相手ゴール前のスペースに飛び込む姿が目立つ。「前期でのチームの課題だった決定力を克服するため、夏はシュート練習に重点的に取り組んだ」と本人も語る。後期初戦の桐蔭横浜大戦ではさっそくその形で得点を挙げた。筑波大戦でも得点し、その得点力はチームの武器の一つになっている。

目標のインカレ出場、そして夢の日本一に向け、「苦労人」浅間の攻守にわたる活躍は欠かせない。(木下俊亮)