仏像破壊で院生逮捕 サウジ人男性、浅草寺で

先月11日、東京都台東区の浅草寺で、敷地内の仏像4体を損壊したとして、器物損壊容疑でサウジアラビア国籍の慶大院生の男性が逮捕された。

午前1時ごろ、寺の敷地内で「仏像を壊している男がいる」という通報が警視庁浅草署に入った。同署が駆け付けたところ、本堂近くにいた容疑者を発見。任意同行して事情聴取を求めたところ、仏像を破壊したことを認め逮捕に至った。

容疑者は、ほかの寺でも仏像を破壊したと供述している。浅草寺側はこの事件について、「早く修理をして仏像をお客さんに公開できるようにしたい」と話している。