その他スポーツ

水上運動会でボート体験 端艇部員が塾生と交流

大きなパドルを懸命の漕ぐ幼稚舎の児童

大きなパドルを懸命の漕ぐ幼稚舎の児童

戸田オリンピックボートコースで先月29日、塾長杯水上運動会が開かれた。今年で17回目の開催となる水上運動会はボート競技を通じて慶大の塾生と塾員の交流を図る目的として行われている。 事前の応募で募った慶大の幼稚舎から大学の塾生が戸田公園に集まった。参加者は無料で配られたポロシャツを身に着け端艇部の部員からボートやカヌーの漕ぎ方の指導を受けた。部員の助けを借りながら、掛け声を合わせて練習をした。

指導を受けた後にその成果を図るため部門ごとでチームに分かれ実際のコースでレースが開催された。ゴールに向け全力で水上を駆け抜けた。

水上運動会に参加した塾生は「ボートを実際に漕ぐなんて滅多にできないので、貴重な体験になった。また参加したい」と感想を述べた。

関連記事

  1. 慶大サッカーサークル 4人が沖に流される
  2. 生体肝移植に成功 慶應義塾大学病院 複雑心奇形は世界初
  3. Google 前社長 辻野氏 世界展開の方針を提案
  4. テクノモール開催 産官学連携に向けて
  5. 理工学部・桂准教授 ヘルスケアロボットを開発
  6. 第21回七夕祭 浴衣姿、キャンパス彩る
  7. 中国映画の世界紹介 日吉電影節2010日本初公開作品を上映
  8. 山中伸弥氏が来塾
PAGE TOP