報道

卒業51年以上塾員招待会 義塾の思い出懐かしむ

塾員招待会 圧縮

卒業51年以上塾員招待会が先月24日、日吉記念館で開かれた。卒業51年以上の塾員およそ4200人を迎え、記念館は旧友を懐かしむ声で溢れた。

開式の辞では、塾員らによる塾歌斉唱が行われた。続いて清家塾長は「皆様のますますのご支援とご理解を賜りたく存じます」と述べ、SFC未来創造塾の開設や医学部100周年記念などが控えていることを例として挙げた。

会場に浮かべられた色とりどりのバルーンのもと、同年卒の旧友たちと再会を果たした塾員ら。乾杯の音頭があがった後、近況報告から雑談までさまざまな会話に花を咲かせていた。途中、應援指導部がリードし「慶應賛歌」や「若き血」を歌う場面もあった。

会場は終始和やかな空気が流れ、塾員同士絆を深めあい、名残惜しくも塾員招待会は幕を閉じた。

関連記事

  1. 京大と合同シンポ開催~グローバルCOE 心の問題を講演
  2. 塾生10人、公然わいせつで書類送検 未だ処分決まらず
  3. アイルランド首相講演 価値の共有訴える
  4. 第四校舎独立館利用開始へ
  5. 「五慶祭」発足~学園祭同士の連携目指す
  6. トップ銀行マンになるために~コマーツ銀行日本支社長講演
  7. 日吉駅発車メロディが慶應義塾応援歌「若き血」に 10月31日まで…
  8. イベント情報
PAGE TOP