スポーツ

早稲田戦三回戦 ~完全優勝 目前で達成ならず

▼第三戦 ●
【慶大1―4早大】
 事実上の優勝決定戦となった第三戦は、前日の雨から仕切り直しの一戦となった。
 慶大の先発に指名されたのは中根(総3)。第二戦では、抑えとして早大打線を食い止めただけに好投が期待された。しかし、その立ち上がり、四球を与え出塁を許すと、適時打を決められ、先制点を奪われる。三回から登板した加藤も、本来の投球を発揮できずに二失点。一方、打線も四回に一死満塁のチャンスを得るが、一点しか返せず。また、八回には代打・金森が本塁打を放つも、本塁の踏み忘れにより、記録は三塁打に。あと一歩のところで得点を挙げることができなかった。投打ともに流れを変えることができず、二季連続優勝は目前で早大に阻まれることとなった。
 なお今季ベストナインには、捕手・岡崎祥昊、外野手・渡辺康平、金森宏徳が選出された。

関連記事

  1. [野球]いざ、王座奪還へ 六大学野球秋季リーグ戦開幕4連勝
  2. 【サッカー】3年連続で全国逃す リーグ戦は5位で折り返し
  3. 蹴球部 新体制の1年を振り返って
  4. 《甲子園という魔物》(第3回)絶叫実況「慶應サヨナラー」 甲子…
  5. [サッカー]サッカー早慶戦 ライバル相手に8連敗
  6. 体育会ウォッチャー
  7. 【サッカー】総評;来季の課題は得点力
  8. 春季リーグ終了 優勝へ向け好位置 アミノバイタル杯は初戦敗退
PAGE TOP