就職活動特集:東京海上日動火災保険株式会社

本当の意味での「自由闊達」

―業務内容
大きく分けて中心となる業務は2つあります。企業の事業展開や個人のお客さまが安心して生活を送る上で重要性が増しているリスクコンサルティング業務と、万が一リスクが顕在化し、社会・経済に影響を及ぼした際に速やかに保険金をお支払いする業務とに分かれます。
近年、特に企業を取り巻くリスクは国際化・巨大化・複雑化しており、安定した企業経営や新規ビジネスへの挑戦を実現する上で「リスクコンサルティング」は必要不可欠な存在となっています。また、昨年の東日本大震災の際には、多くの被災者の方々がご自宅や工場等を全壊されるなど、明日の生活、そして事業の継続に不安を感じていらっしゃいました。当社は1日でも早く保険金をお支払いするために、あらゆる業務を優先して緊急体制を敷き、全社員の約半数が保険金のお支払いをする業務に当たってきました。「リスクコンサルティング業務」と「保険金のお支払業務」は表裏一体の関係にあるといえます。

―業界の特徴
「リスク」をキーワードとしてビジネスを行っているのが損害保険ビジネスです。そこで求められるのは、さまざまなリスクシナリオを描く想像力や、時代とともに変わり続けるリスクに対応する柔軟性。そして、目に見えない商品・サービスを扱う当社にとって最も重要な「お客さまとの信頼」のベースとなる「誠実さ」はすべての社員に欠かせません。

―社風
本当の意味の「自由闊達」を感じることができるのは東京海上日動。自分が成し遂げたいことのため、自分が成長するためであれば、フラットな関係でおのおのが真剣に考えたことを言える環境があります。

―求める人材
自分で考えて、発信して、行動できる人を求めています。指示されたことをうのみにするだけでなく、異なる考えがあるならば周囲を納得させ、巻き込むことができる人材と一緒に働きたいと思っています。

―採用について
実際の職場で会社の雰囲気を肌で感じてもらいたいと思い、職場でのインターンの受入れを行っています。またセミナーや社員訪問など、どの手段でも構わないのでありのままの会社を直接知ってもらいたいです。

―就活生へのアドバイス
企業研究ではなく自分自身に真剣に向き合って欲しいです。自分は何がしたいのか、自分が夢中になれるものは何か、自分はどんな大人になりたいのか。そしてそれを実現するために自分はどのような環境に身を置くべきなのか。青臭く聞こえるかも知れませんが、自分の核となるものをしっかりと持つことが就職活動にとって重要です。4年生になってどこに就職したのかは大切ではありません。2年後3年後に家族、後輩、大切な人に仕事で充実している姿を見せられるかが最も大切だと思います。

聞き手= 齊藤貴仁