報道

商学部入試 地歴で出題ミス~大学側が謝罪

 慶應義塾は2月18日に実施した2008年度商学部一般入試の出題に誤りがあったことを認め、大学のホームページなどを通して謝罪した。

 誤りのあった箇所は「地理歴史(地理)」の中の問題2箇所。一つは空欄に対応する解答選択語群に正解となるべき「本朝通鑑」を「本朝図鑑」と誤って表記し、二つ目も同じ内容の問題で、空欄に対応する解答選択語群に正解となるべき「総合保養地域整備」を「総合保養地整備」と誤って表記したという。

 大学側は対策として、当該箇所について全受験生が正解したものとみなして加点。また科目間の難易度の違いから生じる不公平をなくすために適用する、統計的処理による得点補正を行う際、今回の措置により科目間の不公平が生じないように配慮するとした。

 大学側は最後に「今後このようなことが起こらないよう、事態を検証し、体制を整えて参りたい」とのコメントを残し、受験生に理解を求めた。

関連記事

  1. 国分教授が中国情勢語る 中国の影響力増加を懸念
  2. 五十嵐氏、報道を論じる テレビと新聞の報道を比較
  3. 星出宇宙飛行士、「帰還」
  4. 「スポーツと健康」講座開催 転倒防止の理論と実践紹介
  5. 理工研究科 数理科学分野で阪大と連携~教員相互派遣は義塾で初
  6. 七夕祭開催 テーマは「彩」
  7. 出口治明氏が来塾 リーダーの資質を語る
  8. 企業ナビフォーラム 読売新聞と共催







PAGE TOP