大麻所持で塾生逮捕 義塾は処分を検討中

先月5日に大麻取締法違反(所持)の疑いで、碇聖也君(総4)が警視庁町田署に現行犯逮捕されていたことが各メディアの報道によって明らかになった。

容疑は6月29日、自宅で乾燥大麻1袋(約1・6グラム)を自宅本棚に置いたミニカーの中に隠し持っていた疑いで、吸引用パイプも見つかったという。同署によると、碇君は「自分で吸うために買った」と容疑を認めており、「カナダ留学中の大学2年次に初めて使った」と話している。慶應義塾は碇君の身柄の拘束については把握しているものの、事実関係については確認中であり、今後厳正な処分を検討するという。

過去に、大麻取締法違反で逮捕・起訴・有罪判決を受けた塾生は退学処分になっている。