野球部・小野寺 ~怪我乗り越え首位打者に

 六大学野球、といえば野球に携わるものにとって特別な存在であり、中でも早慶戦はまさに〝夢の舞台〟というにふさわしい。この春、〝夢の舞台〟に新たなヒーローが誕生した。小野寺和也内野手(商3)だ。キャンプ当初はレギュラーでなかったにもかかわらず、そこからレギュラーの座を奪い、首位打者にまで輝いた小野寺選手を取材した。

 冬に怪我をした影響もあり、キャンプのメンバーには選ばれなかった。そのときのことを率直に「悔しかった」と振り返る。が、怪我からの復帰後、「タイミングの取り方を変えたことで練習で感触よく打てるようになり、チャンスが来ても結果を残せるという自信がついた」と自身の打撃に確かな手ごたえも感じていた。その手ごたえは実戦に入るや証明された。好調を維持できた要因は「去年までと違い、調子が崩れかけたときにどこが悪いかを分析できるようになったこと」にあるという。感覚的になりがちな打撃フォームについて、気づいた事を書き留めるなどしてきたことが今季の安定感につながった。

 今回の取材を通して最も印象的だったのは小野寺選手が持つ“謙虚さ”だ。随所で「ポジションが保障されてる訳ではないので……」「タイトルを狙うとかではなく1打席1打席全力で打っていくだけ」といった言葉を口にした。首位打者という結果に慢心することなく更に上を目指していく姿勢が見受けられる。チーム全体に関しても「どこを直すとかではなく全体をレベルアップして、優勝したい」と力強く語った。秋の大会では、もう一回り成長した小野寺選手の活躍が期待できそうだ。

(内山翔太)