報道

岡野栄之教授 タンパク質の機能解明

 慶應義塾医学部生理学教室(岡野栄之教授)は理化学研究所との共同研究でヒト成体脳神経幹細胞にも高発現しているRNA結合タンパク質・Musashi1の詳細な分子作用機能を明らかにした。
 Musashi1は神経幹細胞以外に他の組織幹細胞・悪性度の高い神経膠芽腫などにもその発現が発見されることから、神経分野以外にも還元されることが期待される。
 今回の研究成果は米国の科学雑誌「the Journal of Cell Biology 」に掲載された。

関連記事

  1. 履修申告時期が大幅変更 春、秋学期の2回に 学習効果の向上期待
  2. 慶應義塾・長崎県と協定 連携して地域の課題に対応
  3. 09年度義塾、収支決算を発表 113億円の支出超過
  4. 慶大体育会 英雄たち旅立つ
  5. 大友啓史氏が来塾 「竜馬伝」の制作秘話語る
  6. 大学院 政メに新コース創設
  7. 【速報】2017年度ミスター慶應は、大野雄一郎さんに
  8. オランダ人慶大生を逮捕 本国から大麻輸入の容疑
PAGE TOP