慶應大学 キャンパス紹介 ~日吉編~

日吉キャンパスには文、医、薬学部の1年生、経済・法・商・理工学部の1・2年生、経営管理研究科、システムデザイン・マネジメント研究科、メディアデザイン研究科の大学院生が通っている。主に低学年が通学する日吉キャンパスの魅力を紹介していこう。

まず立地、アクセスの良さ。日吉駅から徒歩1分だ。そして日吉キャンパスのシンボルは、銀杏並木である。日吉駅の改札を抜けると、見事な並木が目の前に現れる。秋になると全体が黄金色に色づく銀杏並木は、日吉に通う学生の秋のフォトスポットだ。
並木に沿って進み左に曲がると、図書館、通称メディアセンターがある。メディアセンター前には生誕150周年を記念して昭和60年に作られた福澤諭吉像が建つ。付近にはベンチがあるのでここで待ち合わせをする生徒も。
さて並木に戻って奥に進むと見えてくるのは日吉記念館。2020年3月に建て替えられた白を基調とする美しい外観が特徴だ。2020年度の入学式は新型コロナウイルス感染症流行のため、残念ながら開催が叶わなかったが、2021年度は日吉記念館で開催された。

まだまだ日吉キャンパスの魅力は沢山ある。在学中にぜひ自分なりの魅力を発見して充実したキャンパスライフを送ろう。

夜の日吉キャンパス

(横山真緒)