慶應大学 キャンパス紹介 〜SFC編〜

湘南藤沢キャンパス(SFC)は環境情報学部と総合政策学部のメインキャンパスである。湘南台駅からバスで二十分程のアクセスだ。キャンパスは東京ドーム7個分の広さで、周りには緑が生い茂っている。SFCの有名なスポットとしてはガリバー池(鴨池)がある。ガリバー池という名前の由来は定かではないが池の形がガリバーの足跡に似ているからという説がある。この池には鴨が生息していて、SFC生たちは池の周りの芝生で鴨に癒されながらランチを楽しむようだ。またここでランチを楽しむことをSFC生は「カモる」と呼ぶらしい。ガリバー池のすぐ近くのサブウェイでテイクアウトして「カモる」のが定番パターンだという。

 

鴨池(ガリバー池)

 

またメディアセンター(図書館)には是非立ち寄ってもらいたい。ここには多くの蔵書があり読書や勉強に集中することができるスペースがある。またSFCのメディアセンターにはミシンや作曲用コンピューター、さらには3Dプリンターがある。この3Dプリンターでは誰もがストラップを作る体験が無料でできるので是非試してほしい。

(吉浦颯大)