報道

SFC 4月に20周年式典

年間通じ記念事業を展開

SFC20周年記念式典が、4月4日にSFCで開催される。
SFCは1990年に、未来を見据えるキャンパスとして開設。式典および同日の各種イベントは、20周年を迎えた節目に、改めてSFCそして社会の次の10年について考えようという意図で企画された。
在校生、新入生、卒業生、地域の方々、関連企業の方々など計3000人の参加を想定。来賓として、初代学部長など歴代役職者も出席する予定だ。
また当日は、式典の後にキャンパス全体を使った各種イベントが用意されている。
式典当日のほか、20周年記念事業は1年かけて行われる。在学生と卒業生がともに新しいSFCを考えるワークショップは、月に1回程度行われる予定。七夕祭や秋祭などは20周年を記念するものに、SFCの研究成果の発表であるORFは次の10年の戦略を発表する場になる見通しだ。
SFC20周年イベントWG委員長の古谷知之准教授は「このキャンパスの魅力は、在校生が教職員や関係者と一緒にSFCの未来を作っていける点にある」と話した。
式典に参加するには今月上旬に開設される専用サイト(http://20th.sfc.keio.ac.jp)からの事前申し込みが必要。今後の告知もサイトで行われる。

関連記事

  1. 医学部 血管の人工作製成功
  2. スクショも違法?混乱続く著作権法改正
  3. 米プリツカー賞に 妹島和世客員教授 建築界のノーベル賞
  4. 元学部長と講師が対談~総合政策学部SFCの未来語る
  5. 近代日本と慶應スポーツ 体育会1‌2‌5周年記念で
  6. Dancing Crew JADEが無期限活動停止 三田祭参加を…
  7. 3Dプリンタの活用を議論
  8. 原子力の従前と今後 環境保全・安全性を重要視
PAGE TOP