報道

男女共同参画シンポ開催

女性研究者支援の在り方を考える

12月12日に三田キャンパスで、第2回『ソーシャルキャピタルを育む女性研究者支援』シンポジウム「慶應義塾としての男女共同参画への取り組み―いま、女性研究者の活躍のために何をすべきか」が開催された。主催は慶大ワークライフバランス研究センター。

開会の辞で清家塾長は、今後も男女共同参画に取り組んでいくことを主張。その後、岩男壽美子名誉教授が基調講演を行った。

続いて株式会社東芝研究開発センター首席技監の土井美和子氏、福澤研究センターの西澤直子准教授、理工学部の松尾亜紀子教授、看護医療学部の宮川祥子准教授が講演。女性研究者支援の在り方を多様な視点から述べた。また、福澤諭吉記念文明塾1期生有志グループの研究発表、講演者によるパネルディスカッションが行われた。

文部科学省高等教育局私学部長の河村潤子氏による来賓挨拶、男女共同参画担当の渡部直樹常任理事による挨拶の後、ワークライフバランス研究センター長の太田喜久子氏が閉会の辞を述べ、シンポジウムは終了。会場には塾内外から多くの人が訪れた。

関連記事

  1. オープンキャンパス~来場者1万人を超える
  2. 消費者問題シンポ開催 森永氏、増税政策を批判
  3. 織り姫とひこ星出会う日に七夕祭 SFCで開催、随所で伝説表現
  4. 全塾選挙不成立、再選挙へ
  5. 医学部入試 4年間で800万円の奨学金 国立大への人材流出防ぐ
  6. 中川文学部長が逝去 後任は関根教授に
  7. アラブ留学生と交流
  8. 斯道文庫50年記念シンポジウム開催 麻生泰氏・細川護煕氏ら来塾
PAGE TOP