《MITASAI REPORT-2021》NAVI K-POPカバーダンスで会場を一体感に包む

三田祭初日、日が傾くなか登場したのは、K-POP完コピカバーダンスサークルNAVIだ。毎年三田祭メインステージでK-POP完コピダンスを披露するNAVIは、今年も最新曲を含む多彩な曲のパフォーマンスで観客を魅了した。1~4年合わせて200人ほどのメンバーが所属する大規模サークルNAVI。毎週の練習で完成度を高めたステージは必見だ。K-POP好きではない人も楽しめるステージになっている。

OPでは、女子メンバーは今年5月に解散したGFRIENDの「Labyrinth」を力強く披露した。男子メンバーは重低音が響くNCT2020の「RESONANCE」を披露。そのころには、立ち客が出るほどの観客が集まり、NAVIへの声援が会場を一体感に包んだ。

1曲目はI⋆ZONEの「FIESTA」。今年3月に解散したI⋆ZONEの大人気曲だ。I⋆ZONEの雰囲気を模した華やかな衣装の12人が息を合わせたパフォーマンスを披露した。12人の舞台であったが、一人ひとりの動きが目立ち、華やかなステージを飾った。

2曲目はNCT Uの「90’s LOVE」。昨年暮れにリリースされたヒップホップ調の曲で、ダンスは90年代を想起させる。ソロパートでは、黄色い声援が聞こえた。

3曲目はOH MY GIRLの「BUNGEE」。かっこいい系の曲が多くなるなか、可愛い衣装と曲調で盛り上げた。「可愛い~!」との声援が目立った。

4曲目はTHE BOYZの「No Air」。スーツで統一した衣装でダンスも11人の息が合っていた。

5曲目はWeki Mekiの「COOL」。ガールズクラッシュでかっこいい曲調とパワフルなパフォーマンスで観客を盛り上げた。

6曲目はBTSの「FAKE LOVE」。世界中で大人気の7人組ボーイズグループのBTS。難易度の高いダンスを7人で披露した。メッセージ性のあるダンスで、一人ひとりのパフォーマンスが光った。

7曲目はTWICEの「I CAN’T STOP ME」。可愛い曲の多いTWICEのレトロ調のダンス曲。女性らしさも出たダンスはTWICEそのものだ。華やかなだが、キレのあるダンスだった。

ラストはSEVENTEENの「HOME;RUN」。日本で大人気の13人グループのSEVENTEENの昨年にリリースされた曲。メンバー2名ずつ登場した。観客の盛り上がりは最高潮に達し、フィナーレを迎えた。

NAVIは明日の10時半から17時、南校舎ホールで30曲以上のパフォーマンスを披露する。さまざまなK-POPダンスパフォーマンスを用意しているので、K-POP好きは楽しめること間違いなし!ぜひ会場に足を運ぼう。

(粕谷健翔)