慶大と東京歯科大、合併に向け協議を開始

慶大と東京歯科大は26日、合併に向けた協議を始めると発表した。2023年4月をめどに慶大に歯学部を設け、東京歯科大歯学部と統合する。

発表によると東京歯科大は6日、慶大に歯学部の統合と法人の合併を申し入れた。これを受けて慶大は、26日の評議員会で合併の協議の開始を決めた。

歯学部の設置により慶大は、日本の総合大学として初めて、医学部、看護医療学部、薬学部、歯学部の医療系4学部を擁することになる。また、歯学部統合が実現すれば11学部体制となり、総合大学としての研究力・教育力が一段と向上する。

今回の発表について両大学は「学生が最大の受益者であるように、十分考慮を重ねて、合併に向けた協議を行っていく」としている。

慶大は2008年4月、旧共立薬科大と合併し、薬学部と大学院薬学研究科を設置している。